本来の日本女性の美とは?

本来の日本女性の美とは?

本来の日本女性の美とは?

大和魂

  

日本人としての精神の源は武士道!武士道における七つの徳目は武士道精神を形づくった教養などは様々な人々へ影響を与えました。

それは日本人全体の美しい徳目として、「大和魂」という一つの価値観にへと集約されたといっても過言ではありません。

大和撫子 

一方、素敵な日本女性を例える「大和撫子」と表されますが、あなたは、「大和撫子」にどんなイメージや憧れを持っていますか?

日本の女性は、海外の背が高い素敵な女性に憧れを抱き、マネをする傾向がありますが、海外の方から見た時は、日本の「大和撫子」に憧れを抱く方も多いのです。

日本人に生まれたからには、日本の良さ「大和撫子」を十分に知って、その魅力を身に付けて自分の中に眠っている”日本人の女性としての自分”に気が付くことから始めてみましょう。

英語では、花のナデシコを指す時は、「a pink, a wild pink」と表記されますが、日本女性を指す時は、「ヤマトナデシコ」「Yamatonadeshiko」でも通用するほど、「ヤマトナデシコ」が日本女性の通称として海外では通用するようです。

英訳では「美人でおしとやかで、気立ての良いお嬢さん」としてヤマトナデシコは紹介されているものもあります。

けれど、大和撫子には、「美人」「おしとやか」「気立てが良い」などの、それだけの意味で終わることではないようです。

「しなやかさを持った女性」 「芯の強さをもった女性」というイメージも、大和撫子には含まれています。

外見では細く柔らかく可憐に見えても、内面は逆境に負けない強さを持っている女性が、大和撫子と呼ばれる憧れの女性像のようです。

美白美人 

大和撫子と呼ばれる女性の特徴の一つに、「色白美人」があります。たとえば、「秋田美人」は、その代表格とも言えるかもしれません。

肌の色が白いだけでなく、透き通るような透明感のある肌、触ってみたくなる柔らかい質感がある肌を保つことが、大和撫子と呼ばれる女性になるためには大切です。

それは、ただ色が白い・黒いという問題ではなく、自然の素材=自然な質感が、重要視されるという意味を持ちます。

女性として、疲れていたとしてもスキンケアをして自分の美しさを保つ、これが、大和撫子としての身だしなみとも言えるのです。

内側から、そして、自分自身の普段のスキンケアに対する心掛けから、美しい肌をキープして、化粧に頼らないナチュラルメイクを心がけるのが、大和撫子の特徴です。

ストレートの黒髪 

日本人の髪型と言えば、「しっとりとした、長い黒髪」ですよね。平安時代に生まれた大和撫子のイメージであれば、やはり黒髪・ストレートの女性ですよね。

テレビのヘアケアの宣伝でも、ストレートでつややかな黒髪は、本当に素敵で、触ってみたくなりますよね。けれど、この「大和撫子」な黒髪は、きちんと手入れされている黒髪を指します。

例えば、髪の先までトリートメントされている、毛先が整っていることが最低条件。

ストレートの黒髪は、きちんと櫛を通したり、毛先まで手入れをしたりしないと、重く不潔は印象を与えてしまいます。髪の毛先まで気を使ってこそ、清潔で清楚な大和撫子になれるということですね。

内面の美しさ 

男性が惚れる大和撫子の共通のイメージは、内面のしとやかさや芯の強さが、外見にもそこはかとなく醸し出されている女性のようです。おどおどしたり、自信がないと、どんなにきれいな服を着ても、視線が落ち着かなかったり、話し方などに気持ちが反映させてしまいますよね。

けれど、それでは、大和撫子としては、物足りないということになります。

外見は清楚でおとなしい印象であっても、「目は口ほどに物を言う」というように、あなたの内面をも映し出します。そのため、賢さや奥ゆかしさ、そして気品は、外見を飾るだけでは、いつかはメッキがはげ落ち、普通以上に幻滅されてしまいます。

普段から、本を読んだり、世情を把握したり、そして自然を感じるようにしましょう。

物を考えたり、自然の変化に気が付くことは、あなたの内面をより深い美しさにしてくれます。

古今東西「美人のイメージ」

 

江戸時代の美人の条件は?

江戸時代に大人気だった「美人すぎる鍵屋の娘」。実在した町の美人さんや芸者をモデルにした美人画の特徴をみていくことで、江戸時代における美人の条件がわかります。

この美人画からもわかるように江戸時代の美人の条件を箇条書きにするとこんな感じ。

・面長
・切れ長で涼しげな一重
・鼻筋の通った中高の鼻
・小さな口
・きめこまやかで白い肌
・美しく豊かな黒髪

明治・大正・昭和初期の美人像は?

明治半ばになると日本でも美人コンテストが行われるようになります。

 

1891年(明治24年)、東京浅草の凌雲閣(12階)で行われた「百美人」の催しが、日本初の美人コンテストと記録されています。

 

やや長めの顔に目はぱっちり大きく、鼻は高く、色白なのが美人の条件とされてました。 こうした美意識は、明治時代から大正時代に至るまで日本の美人像の代表です。

関東大震災後から、パーマネントや断髪、口紅を唇全体に塗るなど、欧米の影響を受けて従来の美意識と相容れないような美容が広まりました。

戦後(昭和中期〜平成)

 

日本では、西洋の影響を受けて、白人に近い顔立ちが美人とされました。 顔が細長い瓜実顔から丸顔に美人像が変化していきます。

その理由はアメリカ映画の影響とされてます。

 

美人とは何かと広辞苑で調べてみると【顔、姿が美しいこと】と書いてあります。

美しいとは主観的でもありますので、時代背景や経済状況や時のブーム何かでも美人の条件は変わってきました。

・細い目→大きな目
・小さな鼻→高い鼻
・ふくよかな体型→細みな体型
・アゴ先は丸い→アゴ先はシャープ
・お歯黒→真っ白な歯
・一重まぶた→二重まぶた
・太い眉毛山なし→細い眉毛山あり

古今東西「美人の条件

 

「ハリ」、「ツヤ」で検索したところ、肌と髪に関するサイトが、無限にあります。女性関心度は透き通るような潤いのある肌、ハリのある若々しい肌、肌のキメが細かい、肌にシミが少ない。

日本女性が抱く「美人」像に肌の印象が与える影響は大きいようです。

そのほか「バランスのよい体型」、「歯の美しさ」、「ツヤのある髪」も高い平均点となり、 日本女性は顔の造形そのものよりも、肌や髪などのディテールな部分と全体的な印象としての体型といった要素を「美人」の条件としていると考えられそうです。

美人に関する関連サイト

 

下のバナーにお肌の小じわ、くすみ等に関するサイトを集めてみました。是非、閲覧いただければ幸いです。

【 世界初の新技術 】目周りの小じわ対策シート

貼って寝るだけ小じわケアシート!ミクロサイズの“ヒアルロン酸の針”が就寝中に溶け出して目周りの小じわへアプローチする新商品、


ヒアルロン酸原液【うる肌物語 】

コスメが変わる。魔法の1滴 Wヒアルロン酸を配合。<高分子><ナノ化> ☆パック効果とどまる潤い


表情筋エクササイズ プルトレ

口にくわえて口輪筋を全方向にエクササイズすることで、気になるほうれい線もスッキリ、若々しくきれいな印象を与えることができます。


馬プラセンタ&セラミド美容液

メインの「プラセンタ」「セラミド」に追加して「馬サイタイエキス」配合!肌老化の原因になる活性酸素を抑えます。


点と面をWで攻める 透肌美活

ハイドロキノン4%配合の「プラスナノHQ」は、発売から累計200,000本売れた実績のある、一点集中ケア専用クリームです。